厳しい状況の航空会社

さまざまな国に行けるのも、飛行機という便利な交通手段があるからです。島国である日本は、飛行機か船がないと他国には行けません。時間がかかる船よりも、短時間で遠くまで行ける飛行機はとても便利な交通手段です。現在ではいろいろな航空会社を利用して移動することが可能ですが、第二次大戦後、日本は飛行機の運航はもちろん、生産も禁止されていたため、航空関連の事業はほとんどありませんでした。日本での飛行機の運航や生産が可能になったのは、1952年、講和条約締結後、独立してからです。1072年には、大手3社と呼ばれる日本航空、全日本空輸、現在の日本航空である東亜国内航空が設立。それぞれ、国際線、国内線などの分担が決められていましたが、1986年に枠組みが外され、日本航空以内の会社も国際線に参入できるようになりました。

現代では航空会社は厳しい状況に置かれています。2001年9発に発生したアメリカ同時多発テロ事件をきっかけに、旅客数の低下、原油価格の高騰による燃料費の上昇などによって航空業界の経営に大きな影響を与えることになりました。現在では多くの航空会社が人件費のカットなどのコスト削減を迫られています。さらに日本航空の運航ミスなども重なり、新幹線を利用する乗客も増えています。そのような状況の中、できるだけ利用客を増やす取り組みとして、旅行会社を通さないサイトでの航空券販売などを行っています。近年では格安航空会社なども参入し、低料金で航空チケットを購入できる会社も増え、人気を呼んでいます。低料金の航空会社が人気の一方で、機内食やサービスにおける質の高さで人気を呼んでいる航空会社も少なくありません。

[特選サイト]
バニラエア航空の料金が簡単に検索出来て他航空会社との料金とも比較出来るサイトです → → バニラエア 料金